ルンタ

ルンタ
山下澄人
講談社
2014年
装幀 100%orange 及川賢治

人間という暮らしにうんざりし、
「わたし」と呼ぶ装置を観察したいと望み、
黒い馬「ルンタ」に乗り吹雪の中、
さらに雪のなかを進む…
幻想か現実か、不思議な空気感だった。

なんにだって好き嫌いはある。
価値観もおなじ。
みんな同じはつまらない。
みんな違うからおもしろい。
経験するかしないかが大切。