暮しの手帖展

暮しの手帖展 3月14日より「暮しの手帖 第一世紀・第二世紀展」を「おおまえ布店+はなうた活版堂」さんにて開催します。

1948年に創刊され65年もの間続いている雑誌「暮しの手帖」ですが、自分が知ったのは10年くらい前になります。創刊当初の表紙がとても素敵で気に入ってしまい一冊二冊と古書店やネットで見つけるたびに買っていました。もともとの収集癖も手伝い気が付けば200冊近く・・・・・。

2011年、創刊より30年間編集長をされていた花森安治さんの生誕100年ということで、各地で「暮しの手帖フェア」やバックナンバーの展示が開催されたり「花森安治のデザイン」という花森さんの描いた表紙画が掲載された書籍が発売されるなど・・・改めて暮しの手帖と花森安治さんの凄さを見たり読んだりしているうちに、いつか宮崎でも集まった200冊の展示ができないかなと考え始めました。
考えているだけで終わってしまいそうでしたが、2012年の暮れにこの企画を友人に話すと快く賛同してくれて、友人の奥さんのお店「おおまえ布店+はなうた活版堂」さんにて開催できることになったのです。

今回の展示内容は「暮しの手帖」第一世紀から第二世紀(1948年〜1986年に出版)の古書約200冊(3月23日第一号も並び200冊全て揃いました。)の展示と、50年代後半~70年代前半に使用されていた貴重な「中吊り広告」や「書店用ポスター」の資料パネルになります。
また、販売物として「暮しの手帖社」から出版されている書籍、「暮しの手帖グリーンショップ」から花森安治さんのイラストが使われたふきんやポストカードなどをご用意しています。
出版当時の暮しぶりを知るとともに、暮すことへの提案を真面目に丁寧に実践し続けている同誌の魅力が満載の展示です。たくさんの方に読んでいただければと思います。お近くにお出かけの際はぜひお立ち寄りください。

暮しの手帖 第一世紀・第二世紀展
期間:3月14日〜3月31日(10:00〜17:00)
場所:おおまえ布店+はなうた活版堂
※期間中は3/27(水)のみお休みとなります
お問い合わせ先:tel 0985-71-0355


今回の展示に関して「暮しの手帖社」「グリーンショップ」の皆様に大変親切にしていただきました。たくさんの方々のご協力でこの展示ができたことを心から感謝いたします。
本当にありがとうございます。